「労働生産性」の格差を「稼ぐ力」で埋めたい!!!

2017-01-26

「中小企業等経営強化法」は、
中小企業・小規模事業者等の
「稼ぐ力」や「生産性向上」を応援するための法律です。

「労働生産性」とは、
従業員一人あたりの儲けです。

儲けとは、「付加価値」です。

付加価値とは、金額で表しますと、
付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費
です。

したがって、
従業員一人あたりの儲けは、
従業員一人あたりの付加価値額
=(営業利益+人件費+減価償却費)÷従業員数
です。

下図は、従業員一人あたりの付加価値額の推移を表しています。

付加価値額の推移

大企業は、成長していますが、
中小企業・小規模事業者は、停滞状況にあり、
その格差は広がるばかりです。

この状況を打開するためには、
生産性を高めること、
一人あたりの儲け「付加価値」を増やすこと、
がポイントです。

業種毎の「稼ぎ方のポイント」をまとめたのが、
「事業分野別指針」です。

タイミング良く、
経営力が向上する!6つのクイズ
http://www.goo.gl/RRTaip
をリリースいたしました。

Copyright(c) 2013 eCima総研 All Rights Reserved.